神賀歯科医院

歯科用CTについて

神賀歯科医院画像診断の必要性とは

 当医院では、歯科CTを導入しております。幅広い治療が可能になっております。

 歯科CTは、歯や骨の中など口腔内の隅々を撮影し、画像で立体的に見ることができます。例えば、根っこの部分で歯が折れているかどうかや、顎関節の状態、歯周病によりなくなってしまった骨の様子などはより正確に見ることができます。
 このように、肉眼では分かりにくい歯の奥まで詳しく写してくれます。インプラントや抜歯、根の治療など幅広い症状に対応できます。特に根の治療は回数と時間を要します。じっくりしっかり治していきましょう。
 歯科健診では、隅々までしっかり見られないこともあります。画像診断では見た目には分からないような病気も把握できます。少しでも歯の心配がありましたら、一度お気軽にご来院ください。

神賀歯科医院インプラントにCTスキャンは必需品です

 顎の骨には神経や血管が多く通っています。その流れは複雑で、レントゲン写真では骨の影に隠れている神経や血管を確認できません。
 また、CTスキャン自体も頭部専用器機を用いることで従来の全身用スキャンと比較して撮影に伴う被曝線量を1/100~1/300にまで減らすことができます。
 インプラント治療用に開発された、3Dシュミレーションシステムを導入しております。
 CTにて撮影した数百枚の連続画像を処理し、患者さまの骨格を立体的に再現。その情報を基にインプラント埋入位置のシュミレーションを行い、手術模型を作成します。
 正確な診断と緻密な治療計画が可能になりました。

神賀歯科医院歯科用CTに出来ること

 歯科領域ではインプラントの術前診断はもとより、歯周病診断における歯槽骨欠損部の病態の把握、 再生療法の経過観察や効果判定、根尖病巣の診断、根管形態の診断、歯牙および歯根破折の診断、 う蝕(虫歯)の診断などあらゆる診断が可能です。口腔外科領域では顎関節、上顎洞などの病変の診断等さまざまなことに使用可能です。
 患者様にとっては事前にインプラントにおける手術野の状態が細かく把握できることによって、より正確で安全な治療が受けられるようになります。顎骨内のインプラントドリルやインプラント体の位置、 方向が手に取るようにわかることになります。



 


totop